脱毛

髭(ヒゲ)の印象ってどうなの?清潔感が気になるビジネスマン必見!

ヒゲによって、良くも悪くもあなたの印象は大きく変わります。ワイルドだと思われることもあれば、場合によっては清潔感がないと思われてしまうことも……。

ビジネス的に役に立ったりモテたりするなら生やしてみたいという人もいれば、いっそのことすべて脱毛した方が清潔感があっていいんじゃないか?という人もいますよね。

そこで、この記事ではビジネス的な観点から見るヒゲが与える印象や良いヒゲと悪いヒゲの違いについて解説していきます。

最後まで読めば、ビジネスマンとしてヒゲをどのように処理していけばいいのかがわかりますよ。

 

ビジネス的にどうなの?髭が与える印象とは

職場の上司や取引先の方など、髭を生やしているビジネスマンの一人か二人くらいは会ったことがあるのではないでしょうか?

挑戦してみたい気持ちはありつつ、「似合わないかも」とか「どう思われるかわからない」となかなか踏み出せない人も多いのではないかと思います。

プライベートならまだしも、ビジネスならなおさら踏み出しづらいですよね。そこで、ヒゲが与える印象についてビジネス的にどうなのか解説していきます。

 

貫禄が出てナメられなくなる

ヒゲが与える印象のひとつに、「貫禄が出てナメられなくなる」があります。

責任のある役職を務めたり取引先とやり取りを進めたりする際、貫禄があるかどうかは時に仕事を左右することがあります。

「ヒゲがなかった頃はナメられてろくに取り合ってもらえなかった会社でも、ヒゲを生やして貫禄のある状態で取引を持ちかけたらすんなりと応じてくれた」という話もよく耳にします。

「ナメられないようにヒゲを生やす」という人は一定数いるし、実際にヒゲを生やすことで「ナメられにくくなった」と感じている人は多いようです。

 

大人っぽさが出て部下に信頼されやすくなる

ヒゲが与える印象の2つ目は、大人っぽさが出て部下に信頼されやすくなること。

ダンディさや大人の余裕を感じることが大きな理由で、頼もしさを感じられるようになります。

ヒゲをきっかけに部下と良いコミュニケーションが取れるようになるといった効果もありますよ。

「重要な役職につくことになったけど頼りがいがなさそうに見られてしまう」と悩んでいる人は、ヒゲを生やして人からの印象を変えるのも試してみる価値はありそうです。

 

「だらしない」と思われて評価が下がることも

ヒゲは良い印象になることもあれば、場合によっては悪い印象として写ってしまうこともあります。

ありがちなのは「だらしない」と思われてしまうこと。特に生えはじめのジョリジョリしたヒゲは清潔感がない印象を与えてしまいます。

ヒゲは貫禄があったり頼りがいがあったりと良い印象を与えることもありますが、場合によってはだらしなかったり不潔だったりといった悪い印象を与えてしまうこともあることもあるので注意が必要です。

 

良いヒゲと悪いヒゲの違いってなに?ポイントは〇〇感

でもヒゲによる良い印象と悪い印象は人によって印象が変わる運のようなものなのでしょうか?

そうではなく、ヒゲによる良い印象と悪い印象の違いは明確にあります。

それは、清潔感があるかどうか。清潔感のあるヒゲは良い印象を与え、不潔なヒゲは悪い印象を与えます。

良い印象を与えるヒゲと悪い印象を与えるヒゲ、それぞれの特徴をまとめたので詳しく解説していきますね。

 

印象が良い髭の特徴3選!【清潔感がある】

印象が良いヒゲの特徴は3つあります。それが、以下の3点です。

印象が良い髭の特徴3選

  1. 清潔に保ちつつ手入れをきちんと行っている
  2. 髭の生やす場所を口とあごに絞っている
  3. 主張を抑えて自然な見た目にしている

 

良い印象を与えるヒゲの特徴は、一言でいえば清潔感があること。

では、ひとつずつ掘り下げていきましょう。

 

清潔に保ちつつ手入れをきちんと行っている

良い印象を与えるヒゲの特徴の1つ目は、清潔に保ちつつきちんとヒゲが手入れされていること。

きちんと整えていると清潔感がありますし、毎日鏡を見ながら手入れをするようなしっかりしている人だという印象も持ってもらえます。

ヒゲは一日でも放置すれば見た目の印象が変わって見えることも。ヒゲを生やす人は一見ルーズなようで、実はかなりマメな人の傾向が高いといえますね。

毎日ヒゲを整えるのが苦ではないという人には向いているかもしれません。

 

髭の生やす場所を口とあごに絞っている

ヒゲの生やす場所を口とあごに絞るのも、良い印象を与えるコツです。

生やす場所を絞っているということは、それ以外の場所はしっかり剃っているということ。

面倒だから放置しているのではなく、あえて部分的に残しているんだということが客観的にもわかります。

口とあごはヒゲを生やすのに基本となる場所。頬だけ生やすというのは少し違和感があるので、口とあご、もしくはどちらか片方に絞って生やすと好印象に見られますよ。

 

主張を抑えて自然な見た目にしている

主張を抑えるということも、良い印象を与えるひとつの方法となります。

例えば、ハリー・ポッターに出てくるハグリッドくらいモジャモジャのヒゲの人が実際に職場にいたらどうでしょうか?

ハグリッドだったら楽しく働けるかもしれませんが、普通の人がやったらただ暑苦しい印象を与えるだけになってしまいます。

伸ばしすぎずナチュラルな見た目に留め、違和感のないヒゲにするのがポイントですね。

 

印象が悪い髭の特徴3選!【清潔感がない】

それに対し、印象が悪いヒゲの特徴3選は以下の通りです。

印象が悪い髭の特徴3選

  1. 伸ばしっぱなしで手入れをしていない
  2. 剃ってはいるけど青ひげになっている
  3. そもそも髭が似合っていない

 

簡単に言うと、印象の良い特徴の逆が印象の悪いヒゲの特徴です。ポイントは清潔感がないこと。

では、それぞれ詳しく解説していきますね。

 

伸ばしっぱなしで手入れをしていない

伸ばしっぱなしは一番良くない方法。一切ヒゲの処理をしていないので、雑草が好き放題伸びた空き地のように無残な光景になってしまいます。

「だらしない」と思われてしまう原因も伸ばしっぱなしなことにあるので、鏡を見たり実際に触ってみたりして少しでも伸びていると感じたら手入れをする習慣をつけた方が良いですね。

伸ばしっぱなしにしていると清潔感がなくなり、社会人として人前に立つのもあまりおすすめできません。ヒゲの濃さや長さも気にする必要がありますね。

「マスクで隠せばいい」と思っていても、食事などのふとした瞬間に見られてしまうと周りからの印象が悪くなってしまう可能性があります。

 

整えてはいるけど青ひげになっている

整えているけど悪い印象になってしまうヒゲもあります。それは、青ひげになってしまうこと。

ヒゲを生やす過程で青ひげになってしまうのは仕方のないことですが、中途半端な状態を晒してしまうと周りからはあまり良い印象は持たれません。

きちんと生え揃うまでマスクで隠しておくか、逆に脱毛をしてスッキリとした口周りにするかどちらかに振り切るのが良いですね。

 

そもそも髭が似合っていない

そもそもヒゲが似合っておらず、あまりにもミスマッチなため悪い印象になってしまっているケースもあります。

残念ながら、もともとの顔によってヒゲの合う合わないは存在します。せっかくヒゲを生やしているのに周りから「剃った方が似合うよ」と言われてしまう場合は考え直した方がいいかもしれません。

傾向としては、塩顔寄りの方やベビーフェイスな方にヒゲが似合わない場合が多いです。

似ていると言われる芸能人にヒゲが生えているのを想像してみたり、思い切って友人に本音で答えてもらったりするのが良いですね。

 

【まとめ】髭の印象は清潔感があるかどうかで決まる

ヒゲの印象は、清潔感があるかどうかで決まります。特にビジネスにおいては、ヒゲに限らず清潔感は大事ですよね。

手入れは大変ですが、青ひげになりつつもコツコツ育てていけばカッコいい大人のヒゲを生やすことができます。そうなれば貫禄も出るし、部下からの信頼がより厚くなるかもしれません。

ただし、ヒゲを生やすというのは意外と大変なこと。むしろ脱毛する方がラクだしスッキリした印象になることも。

メンズ脱毛figoなどの男性向けメンズ脱毛サロンも増えてきているので、脱毛をしてスッキリ美白男子を目指すのもありですね。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

おかぴ

副業リーマン|ベンチャー企業勤続5年目。コスパ良く人生を生き抜く方法を探求しています。効率化術を駆使してイケてる社会人になるために日々模索中。

-脱毛

Copyright© OKAPI LIFE , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.